毎日 HAPPY 犬 曜日 

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
13
 
IN エジプト so-a-0008.gif  2010.10.28~11.13 (17日間)
世界一周をしている、スーパー添乗員とのプチバックパッカー旅行

 1£E=¥15 1$=¥82 で計算しています。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 気候&服装 ■

11月ショルダーシーズンと言われるBESTな時期に行きました。
この季節は、昼間は半袖・短パンでもOKですが、
夜は急激に冷え込むので、ズボン+パーカーやカーディガンが必要です。
砂漠圏内、湿度はなく非常に乾燥しています。
潤い対策を万全に顔だけではなく、
空気も悪いので髪もパッサパサになります。

欧米人・中国人は関係なく観光地でタンクトップ&短パンですが、
私的には、マナーとして・・・
地域柄イスラム圏内なので、露出は控えた方がベターです。
マナー以外でも、紫外線が物凄く強いので日焼止め+UVタイプ上着で
後々のシミ・・・そばかす・・・をしっかり予防された方がいいと思います。

ほぼ、晴れています。
空気が悪くスモッグがすごいので快晴!とあまり感じませんが・・・
カイロが得に酷く
入国して2~3日は空気の悪さで、頭が痛い場合があります。
私も決まって夕方、頭痛に悩まされました。
3日過ぎると慣れてきます。

そこを基準に・・・注意点

夏場

かなり過酷な遺跡巡りが予想されます。
ピラミッド・王家の谷(50℃を越えるそうです)・砂漠は影がない為
自分がミイラになる可能性がございます。

対策としては、一般的にツアーだと思われるので
観光は朝か夕になっているツアータイプをチョイス。
写真を撮る事を考えると、早朝がベターです。
ギザ・ピラミッド撮影は午前が一番く、午後は影になります。
旅人(バックパッカー)は・・・真夏を外しているようです。

冬場

観光は無難に楽しめる気候だと思われます。
ただ、砂漠ツアーは夜の冷え込みが厳しい為
相当な暖房対策が必要でしょう。
バンガロータイプでなければ、砂漠の上に寝袋です。
カイロなど持って行った方が良いでしょう。

11月中旬砂漠ツアー 上6枚下Gパン2枚で寒いです。
ヒートテック無しだったので、冬場は必須だと思われます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 食べ物 ■

残念ながら美食国に比べると、
美味しい!という食物はございません。
ツアーの場合は食事付になる場合が多いと思います。
ホテルの食事では、エジプトらしい料理にはなかなか遭遇できません。
ホテルから出て近場で小腹を満たす程度に
シュワルマ・コシャリ・マンゴージュース・アイスを
是非試して頂きたいと思います。

物価は安いので、食事は非常に安く済みます。
食事は記事内に書いていますが、最後おさらいしてみましょう。

▽一番好きだったコシャリ店▽ Mサイズ3£Eぐらい
アブー・ターレク (トマト風味が強く飽きにくい:自己評価)

Egypt-803.jpg

Egypt-798.jpg


▽どの店でも美味しいマンゴージュース▽ 空港価格16£E(240円)
(冷えてる店を選ばないといけません!ぬるいのはNG
この写真は空港で飲みました!とびきり美味しい。一般は6£E(90円)程度

Egypt-827.jpg


▽アイスクリーム・パンの店▽ (自己評価NO.1店) EL ABD 

Egypt-693.jpg

Egypt-088.jpg
3£E(45円)、2段別々の種類もオーダー可能。マンゴーが絶品!
私の定番はマンゴー&マンゴーでした。バニラは練乳に近い味です。

Egypt-679.jpg
パンも売っていて美味しい。(一個2.5£E:37.5円)
私はこのチョコクロワッサンがおすすめ!


▽カイロで一番お世話になった店▽ AKHER SAA

Egypt-692.jpg

Egypt-111.jpg
チキンシシライス 23£E(345円) 生姜焼きの味で美味しい!

Egypt-089.jpg
ホワイトソースにマカロニ・・・マカローナ(そのまんまかい!)


▽ ハンハリーリ市場 ▽ エル・フィシャウイ(El Fisaawy) ティータイム!

Egypt-026.jpg
ティータイム&パンケーキ・ネスカフェ&水タバコ 58.7£E(880円)

Egypt-028.jpg
エジプシャンパンケーキ (観光バス通りのオープンカフェ)

▽ ナイルクルーズ バイキング ▽
三食ビュッフェで欧米メニュー

Egypt-517.jpg
ある日のディナー(バイキング)


▽ルクソールのレストラン▽ Abu el-Hasan Shaziy

Egypt-121.jpg
シャクシューカ 25£E(375円) 少々辛めです。
(トマトソースと挽肉、卵を入れてオーブンで焼いた料理)

Egypt-269.jpg
左:ダーウード・バシャ(トマト味)右:ムサカ(茄子とひき肉の重焼き)
共に25£E(375円)

Egypt-235.jpg
あんずペーストのパン (エジプトでは定番のパン)


▽お決まりのジャンクフード▽

Egypt-081.jpg
ケンタッキーディナーセット 34.25£E(515円)

Egypt-824.jpg
マック・アラビアータ(チキン・ビーフ)25£E(375円)


▽エジプトスナック▽

Egypt-662.jpg
日本のパピコ

Egypt-538.jpg
ポテトチップス(塩味が濃いです)


▽番外編 牛乳▽

Egypt-537.jpg
牛乳はこれが一番美味しかったです。
失敗して違うパッケージを買ったら、しょっぱかったです。

その他、ライスプディングも美味しいです。
現地では食べられず、機内食のデザートで食べました。

マンゴーが美味しいと聞いていたので、フルーツ一杯食べれるかな?と
個人的に思ってましたが・・・
生のフルーツはほとんど食べる事がありませんでした。
バイキングでも、メロンとパイン程度です。
道端でマンゴーやバナナなど売ってますが、
お店でフルーツというメニューは見かけませんでした。
フルーツはリゾート地が強いようです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ ツアー ■ (ツアー代金のみで入場料は別途)

今回私が利用したツアーの一覧
(現地で申し込み、3人での割勘もあります)
あくまでも目安でたまたま私達の時はその値段だった
という事ですので、絶対ではありません。
ご了承下さい。

備考:タクシーチャーターは1台の料金
   時間と場所によって値段が変更し交渉になります。

◇アドビス・デンデラ(セティー1世葬祭殿&ハトホル神殿)
 1日タクシーチャーター観光 (AM8:00~PM16:30)
 
 昼食は付いていません。
 420£E(6.300円) / 3人

Egypt-855.jpg


◇王家の谷・ハトシェプスト女王葬祭殿・
 貴族の墓・ラムセウム(西岸ツアー)
 1日タクシーチャーター観光(7時間)
 
 昼食は付いていません。
 220£E(3.300円) / 3人

Egypt-856.jpg


◇ナイルクルーズ(3泊4日)
 65$×3日 合計一人 195$
 チップが必要になります。一人20~30$が相場

Egypt-857.jpg


◇アブシンベルツアー代 一人£E70(1.050円)

Egypt-858.jpg


◇バハレイヤ・砂漠ツアー代 
 1000£E(15.000円) / 3人

Egypt-859.jpg


◇その他の交通ルート◇

各観光地巡りの詳細は記事にあるので参照して下さい。

①日程 (別窓が開きます)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 観光入場料 ■

私が観光した入場料一覧です。

Egypt-866.jpg スーフィーダンス:無料


Egypt-861.jpg ギザ入場料:60£E(900円)


Egypt-860.jpg カフラー王:30£E(450円)


Egypt-867.jpg 考古学博物館入場料:60£E(900円)


Egypt-865.jpg カルナック神殿入場料:65£E(975円)


Egypt-869.jpg ルクソール神殿入場料:50£E(750円)


Egypt-870.jpg セティー1世葬祭殿入場料:15£E(225円)


Egypt-871.jpg ハトホル神殿入場料:35£E(525円)


Egypt-872.jpg 王家の谷入場料:80£E(1.200円)


Egypt-873.jpg ツタンカーメン墓入場料:100£E(1.500円)


Egypt-874.jpg ハトシェプスト女王葬祭殿入場料:30£(450円)


Egypt-875.jpg 貴族の墓センネフェル・レクミラ
                    入場料:25£(375円)


Egypt-876.jpg 貴族の墓ラモーゼ・カエムヘト
                    入場料:30£(450円)


Egypt-877.jpg ラムセウム入場料:30£E(450円)
 

Egypt-863.jpg ホルス神殿入場料:50£E(750円)


Egypt-864.jpg コム・オンボ神殿入場料:30£(450円)


Egypt-868.jpg イシス神殿入場料:50£E(750円)


Egypt-878.jpg アブシンベル神殿入場料:80£E(1.200円)


Egypt-879.jpg アブシンベル神殿入域料:13.2£E(200円)


観光入場料総額 12.500円


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 私の個人的観光ランキング ■

観光は個人的な意見になってしまいますので
私の偏った主観も多々あります。
あくまで参考程度ですのでご了承下さい。

+++ 記憶に残るベスト3 +++

Egypt-735.jpg
① バハレイヤ オアシス 砂漠ツアー

Egypt-369.jpg
② ナイルクルーズ

Egypt-212.jpg
③ アドビス(セティー1世葬祭殿)


+++ 遺跡(建物)ベスト3 +++

Egypt-547.jpg
① イシス神殿

Egypt-070.jpg
② ギザ・ピラミッド

Egypt-194.jpg
③ 夜のルクソール神殿


+++ 壁画・レリーフベスト3 +++

Egypt-219.jpg
① アドビス(セティー1世葬祭殿)

Egypt-408.jpg
② ホルス神殿
Egypt-502.jpg
③ コム・オンボ神殿

+++ 像ベスト3 +++

Egypt-854.jpg
① ホルス神殿のホルス像

Egypt-142.jpg
② カルナック神殿のスカラベ像

Egypt-322.jpg
③ ラムセウムのアヌビス神像


意外と有名どころが外れる感じです・・・すみません。
ピラミッド・王家の谷・ツタンカーメンのマスクは
もちろん素敵で圧倒されるんですが、
実際旅行をしてみると意外と他にグッとくるツボがあったり、
違うエジプトの素晴らしさを発見しちゃったりです。

記事も書いているので、細かい事は今更なのではぶきまーす。
詳しくは日程より各遺跡の記事を参照して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ お土産 ■

ポピュラーなお土産の品としては、

Egypt-682.jpg
・香水瓶
 (ラクダ型などもあるらしく、動物瓶だったら欲しかったな~)

・アラバスターストーンの壷や像

・パピルス

・カルトゥーシュ・アンク・スカラベのペンダントヘッド

・水タバコセット
水タバコセットは日本のネットオークションで高値で売れるらしいです。
(聞いた話しなので確実な保証はありませーん)
1セット大きくて重量もあり壊れやすいので、
香水瓶と水タバコ器具は破損のトラブルが耐えないらしいので注意です。

他、エジプトらしいものがピンからキリまであります。


△ 交渉 △

ハンハリーリ市場や観光地では、値段がなく全て交渉なので
事前にある程度値段の目安をつけて行きましょう。
限りなく吹っかけられます。
観光地、ハンハリーリ市場では$でも交渉可能です。

今回私が買ったお土産品をまとめてみました。
お土産も好みもあり、金額も人によって違いがあると思います。
貧乏旅行者が選んだ・・・お土産です。
ご了承下さい。

Egypt-032.jpg
① どうしても欲しかったアヌビス神像(自分用) 
初日に買ったので、6$(失敗した買物)高すぎました。
このタイプは色々な種類が大小あります。

Egypt-114.jpg
② ベーシックな絵葉書(友人・知人・自分用)
考古学博物館で購入(質は良いですが高いです)
質はよくわかりませんが、
他では1$で5~10枚買えたりする場所もあるそうです。
セット60£E(900円)
1枚  5£E×20枚(75円)合計100£E(1.500円)

Egypt-685.jpg
③ カノープスの壷ミニタイプ 8$(自分用)

Egypt-687.jpg
④ スカーフ(タオルサイズ) 6$(自分用)

Egypt-686.jpg
⑤ アルバム 12$(自分用)

Egypt-688.jpg
⑥ 小物入れ 6個 5$(友人・自分用)

Egypt-689.jpg
⑦ マグカップ(3$)&小銭入れ(3$)(両親)

Egypt-799.jpg
⑧ パピルス 47£E(705円)(しおり10枚・切り絵2枚)

Egypt-850.jpg
⑧ 現地お菓子(旦那)

<購入物ではないお土産>

Egypt-851.jpg
砂漠の砂

Egypt-853.jpg

Egypt-852.jpg
エジプトの硬貨(ツタンカーメン&クレオパトラ)
個人的にこれが一番良いかも・・・と勝手に思ってます。(笑)
話しのネタになるし、がさばらず、貰って一番困らない商品かも。
そしてエジプトらしい!
行かなければ手に入らない品でもあります。
男友達には、これが一番喜ばれそうです。
私自身も貰うならコレがいい!
財布に入れとくとご利益ありそーですもの。

お土産総額 6140円

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 公共料金 ■

・乗り合いバス 
・空港までのバス 
・地下鉄 

2£E=30円程度で行けるが、
ルート・乗り場の確認が必要。


■ 注意点 ■

・スリも多いので、荷物を前に抱えた方が良い。

・痴漢やボディータッチが盛んなので注意。

・駅や地下鉄などは、写真を撮ると怒られたり
 面倒な事になる場合もあるので避けた方が良い。

・観光地ではカメラを預けなければならない場所も多いが
 今回は預けても大丈夫でした。
 高級カメラの詳細はわかりません。
 (高級じゃなかったので大丈夫だったのかも・・・)

・外のトイレ使用には、2£E=30円取られます。
 (入り口に回収人がいます)
 トイレットペーパーなどは存在しないので
 自分で用意です。

・砂漠ツアーはトイレもなく青空トイレです。
 砂漠ツアーに行く予定をしている方は懐中電灯必須です。

・レストランなどでのチップはありません。
 しかし、何かというとバクシーシを要求されます。
 写真を撮るだけで要求されるので、注意して下さい。

・水、氷は基本お腹を壊すと聞いています。
 (生野菜・冷たいマンゴージュースなど気をつけて下さい)
 本人は何をどーしても強靭でした。

・タクシーはメーター付を選んだ方がいいです。
 又は先に交渉する事。

・エジプトはバブルらしいです。
 よって観光費はドンドン高くなっているらしいので
 旅行に出発する前に必ず最新情報を確認した方が良いです。

注意点は思い出したら、また追加します。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

■ 旅行費 ■ ざっくりです。

航空券・TAX(燃料・手数料)116.400円
海外保険 5.610円
両替(円→$)92.400円 (1.100$)  
------------------------------------
合計 214.410円

両替分で観光・滞在費・お土産を済ませました。
エジプトは観光費が高いです。
(半分は観光費です)

実質:
観光費:40.000円
お土産:6.140円
移動費+食費+雑費:13.860円
------------------------------------
合計 60.000円 

残りは妹達へチップになったので

実際の金額は20万以下で17日間旅をした事になります。


まとまっていない・・・まとめでした。
参考程度にお願い致します。

①日程記事 へ戻る           


スポンサーサイト
 
17
 
11月12日(金)→11月13日(金)カイロ→成田到着まで
 
12NOV(FRI)18:55 CAIRO(1) EMIRATES EK924
13NOV(SAT)00:25 DUBAI(3)

13NOV(SAT)02:50 DUBAI(3) EMIRATES EK318
13NOV(SAT)17:20 TOKYO/NARITA(2)

ついに帰国の日がやってきました。
エジプト旅行も本日で終了です。


so-line-b1[1]

<日程> 

①日程記事

IN エジプト so-a-0008.gif  2010.10.28~11.13 (17日間)
世界一周をしている、スーパー添乗員とのプチバックパッカー旅行

17日間分の記事をUP完了。


※ 1£E=¥15 1$=¥82 で計算していま~す。

so-line-b1[1]


参考までに、ちゃんとした立派なエジプト旅行記録はこちらでーす。

二人のブログ 地球で迷子 http://pon1111.dtiblog.com/
※数ヶ月後にエジプト編がUPされる予定です。


so-line-b1[1]

帰国の日という事もあり、珍しく朝から起きて準備して・・・
ホテルを2時頃出発予定だったので、ランチを食べにでます。

その途中、道の真ん中で・・・

Egypt-816.jpg

大胆に撮影しています。

いつもは大渋滞のエジプト道路も・・・今日は休日でした。


Egypt-817.jpg

何の撮影かと思いながら・・・立ち見です。


Egypt-818.jpg

ざっと聞くと、専門か大学の・・・
この学校出ると、こんな職業になれまっせ~CMらしいです。
道の真ん中を堂々行進です。


Egypt-819.jpg

こちらも撮影か?と思いきや・・・
モスクからのアラー放送が鳴り、お祈りの時間です。
歩道一杯に人が並び、同じ方角にむかって祈り続けます。

無宗教の多い日本(自分)から見ると
異様な光景に見えます。

2人の話しを聞くと、
「彼らはそれが日常だから、日本人が歯を磨く習慣と一緒」
なんですって・・・生まれた時から日常だから、
おかしいとか・・・不思議とかも思ってないらしい。

なるほど・・・。

そんな神聖なお祈りを横目で見つつ・・・


Egypt-820.jpg

最後のランチは 「 Mの字 世界のマック 」 です。
アラビア限定メニュー(お約束ですね)
「 マックアラビアータ! 」を食べる為に(笑)来ました。


Egypt-821.jpg
店内 日本と同じですのぉ~!

Egypt-822.jpg
ホレホレ・・・日本のCMと一緒です。

Egypt-823.jpg
ただ・・・日本と違うのは、どう見てもサイズです(笑)
ラージコーラの大きさは・・・アメリカンクラス。
ハワイサイズと一緒です。
ポテトもでかーっ! エジプト国民も大食です。

Egypt-824.jpg
チキン・ビーフがあり、25£E(\375)程度で食べれます。
コシャリ3£E(\45)が一食と考えると・・・高いですけれども。
最後の贅沢でした。

味はアラビアータだから辛いのかと思ったら、
全然辛くなく、少々スパイシーですね?ぐらいでした。
個人的には、ビーフとチキンなら・・・チキンの方が美味しいかも。
もちろん、ポテトは日本と同じ味です。

お腹も充たされ・・・

空港へ向います。
2人も一緒に見送ってくれる。
(2人がいなければ・・・帰れません・・・苦笑)

空港まで1時間ぐらいです。

空港から更に出発ロビー行きのバスに乗り換えます。

Egypt-825.jpg

搭乗手続きまで、最後のお茶をする事にしました。

    Egypt-826.jpg

PON&KAOが注文したカフェ


    Egypt-827.jpg

ちょっと高いけど、最後のマンゴージュース 16£E(\240)
めちゃくちゃ!美味しいでーす。果肉たっぷーり♪

冷えているものは全部お高めなんですよね~。


精算は昨日済ませていますが、

合計 :\  640
総合計:\60.025

まぁ、ざっと一人17日間のエジプトフルコース堪能で
滞在費:6万円(お土産付)というミラクル旅行が出来ました。

これも2人のおかげですね。

搭乗手続きは本人しか通過できないので、
無事通過出来るか・・・二人が遠くから見届けてくれました。

最後に頭の上で○ OKサインを出すんですが・・・

すごーく寂しくなり、ジーンときちゃいました。

遠くで手を振られて・・・
この先も旅を続ける2人の事とか心配になったり、
すごく楽しかった旅行の事なんか思い出して・・・

特別ベタベタする姉妹でもなかったし
連絡も1年に一度あるかないか・・・
無いときは数年ないし、会わないし・・・
男兄弟より連絡取らないかもしれません。

それでも、しみじみ・・・

「 兄弟(姉妹)っていいもんだね! 」 と思いました。

資金が尽き、無事に日本に帰って来る日を待ちましょう。


Egypt-828.jpg

飛行機に搭乗

最初の機内食で食べるチャンスが無かったライスプディングが
デザートで付いていて、超HAPPYでした。心残り無しです。

で・・・3回ある機内食の内、最初を撮り忘れました。
初回はカイロ→ドバイ間なので洋食でした。

Egypt-829.jpg
2度目の機内食(軽食) 日本食メニューセレクト(焼き鳥)

Egypt-830.jpg
3度目の機内食(朝食) 日本食メニューセレクト(鮭の照り焼き)

寝ぼけてピンボケですが、非常に味付けが良くて美味しいです。
ついつい味が美味しいので、完食です。
軽食というボリュームではありませんが、ペロリでした。
やっぱり、エミレーツの機内食(日本食)は美味しい!

最後も食べ物の話題でしたが(笑)

少々定刻から遅れての到着でしたが、無事日本へ帰国。
お迎えも来てもらい、楽々我家へ戻りました。

そして、愛犬マロンと御対面(帰国報告記事)へと続きました。


  Egypt-832.jpg


so-line-b1[1]


ダラーリ・ダラダラ書いてきたエジプト旅行記、
見て頂いた方、ありがとうございました。
お国柄色々大変なところもありますが、とても素敵な国です。
見応え十分な観光盛りだくさんエリアです。

是非これからエジプトへ行かれる方!素敵な旅をして下さい

自身も整理しながら、書いてきた日記です。
お店・ホテル・食べ物・お土産など、
バラバラの日記で書き綴りました。
(落書き帳&当日の写真整理のみ)
後日(時間ができたら~)情報ごとにまとめようかな?
まとまったら・・・いいな♪ (いつになる事やら・・・)
と思っていまーす。

①日程記事 へ戻る



 
16
 
11月11日(木) 【バフレイヤオアシス】砂漠ツアー(後編)

宿泊地:Regent House Hotel
カイロではずっとこのホテル、エジプトでの最後の夜です。

最高に素敵だった砂漠ツアーも終えて、帰国準備です。

「 砂漠ツアー 」 → カイロへ戻ります。


so-line-b1[1]

<日程> 

①日程記事

IN エジプト so-a-0008.gif  2010.10.28~11.13 (17日間)
世界一周をしている、スーパー添乗員とのプチバックパッカー旅行

17日間分の記事をUP完了。


※ 1£E=¥15 1$=¥82 で計算していま~す。

so-line-b1[1]


参考までに、ちゃんとした立派なエジプト旅行記録はこちらでーす。

二人のブログ 地球で迷子 http://pon1111.dtiblog.com/
※数ヶ月後にエジプト編がUPされる予定です。


so-line-b1[1]


[ ツアーの詳細・日程 ] は(前編)で確認できます♪

昨日書き忘れましたが、砂漠=トイレは青空です。(笑)
モラルというか・・・普段青空なんてないもんですから
物凄い抵抗感でしたね。

夜・夜中は非常に暗いので、砂漠ツアーに行く方は
ライトの用意を忘れずに♪

洋服ですが・・・白はNGです(今頃ですけど)
エジプト全般がNGなんですが(空気が悪くほこりだらけ)
砂漠は白が茶又はグレーで戻る覚悟が必要になります。
綺麗な洋服はやめた方がよさそうです。
私の白いパーカーは袖口が茶色になって戻りました!


本日は起床からの様子です。

朝日も素晴らしいで~す


Egypt-769.jpg

    Egypt-770.jpg


Egypt-771.jpg


Egypt-772.jpg

寒空の中ゴソゴソ起きて・・・ひたすら待ちます!
立寝も出来ちゃうぞ!(通勤キャリアを活かします)

日が昇る前は、物凄く寒い。
でも、一度太陽が顔を出すと一気に暖かくなってゆくんです。

普段私達は暖房器具を使っているから、すっかり忘れているけど
太陽の恵みって本当に凄いんだな~と実感します。
昔の人が太陽と共に生きて来た様子を肌で実感します。

かっこ良く言ってますが、
昔の人も、現代人も砂漠にいると・・・
暗いし・寒いし・・・
太陽がなければ何も出来ないって事です。


Egypt-773.jpg

ヾ(゚▽゚)ノ わーい! 日が昇ってきたよー♪


Egypt-774.jpg

Egypt-775.jpg

辺りも明るくなり、オレンジ色が白砂漠を照らします。


Egypt-776.jpg

朝日と夕日似た感じの写真になりますが、体感が大きく違います。


Egypt-777.jpg

Egypt-778.jpg

素敵な朝日を見ながら、
スキャットマンが一生懸命朝食の準備をしてくれます。

Egypt-779.jpg

ちょっと感動した事があって・・・

実際潔癖症の人は、無理だと思われる感じなんですけど
食事の道具も、パンも食材も少なからず綺麗とは言えません。

パンだって・・・その辺に置きっ放しだし、
(ホコリまみれだと思います)

それでも、私達が食べるパンを少しでも美味しく・・・
きっとそう思って、一枚一枚・・・ガスで温めてくれてるんです。

日本では何でも食べられて、美味しい物も山ほどあるけど
なんでしょう。うまく伝えられませんが、
限られた物を大切に食べる・・・粗食が美とは思わないけれど

食べる事が当たり前ではなくて、感謝をしなくちゃ!と
この旅で思いましたね。

きっとベドウィンの民らしい、誇り高いおもてなしの心に
ふれたからなのかもしれません。

味や見た目ではない、違う美味しいさの朝食です。


Egypt-780.jpg

ちまっと座っていただきま~す♪

食べてる間も、スキャットマンは片付けや湯を沸かして
早朝から働き者です。見習わなければ・・・(苦笑)


Egypt-781.jpg

この朝日を見物しながら食べてました。


Egypt-782.jpg

世界がオレンジに染まります。
本当に素敵!


Egypt-783.jpg

食べ終り、お片づけです。


しばしオレンジ色の中でひたりま~す。

Egypt-784.jpg

Egypt-785.jpg

Egypt-786.jpg


    Egypt-787.jpg

こんな素敵な写真も撮れたりしちゃいます。


Egypt-788.jpg

まもなく出発の頃です。

まずーい!まずーい! という事で・・・

    Egypt-789.jpg

はい・・・ご迷惑をお掛けしてしておりますが・・・


    Egypt-790.jpg

恒例の・・・ア・ホ・タ・レ・・・ファイナルです。(笑)


Egypt-791.jpg

もちろん、この方も(笑)


さて、砂漠を後にして

キノコ岩へ


Egypt-792.jpg


キノコ3連発・・・お付き合い下さい。

Egypt-793.jpg

Egypt-794.jpg

Egypt-795.jpg

チビ毒キノコです。

まったくキノコに見えない・・・やり損の写真です。(苦笑)


綺麗で幻想的なキノコ岩をしっかり見てみましょう。

    Egypt-796.jpg


この景色ともついにお別れです。

Egypt-797.jpg

本当に素敵な砂漠ツアーでした。

最後にスキャットマンにチップを渡し、
お礼をしてお別れしました。
バクシーシではなく、心からのチップです♪


5時間半バスに揺られ、行きと違う場所で降ろされ・・・
結局地下鉄で戻り、いつものアイスを食べ・・・

さて・・・本日は最後の晩餐

何が食べたい?の質問に・・・

やっぱーり!


    Egypt-798.jpg

コシャリ&シュワルマ(チキン)&マンゴージュース

『 トリプル庶民3点セット 』

しかし!こだわりがございます。(笑)

シュワルマ:フェルフェラ(チキン)
マンゴージュース:フェルフェラ横(冷えて美味しい)
コシャリ:アブー・ターレク

フェルフェラのコシャリも人気なんですが・・・
私の好みとしては、地元エジプシャンに人気の店


Egypt-803.jpg
↑アブー・ターレク

Egypt-804.jpg
社ッ長ーさんなのか・・・ナルシスト系です。

いやいや・・・味でしたね。
トマト風味が強いのでパスタっぽく、飽きにくい味です。
一番好きな味でした。

最後の晩餐なのに 16£E(\240) 安いで~す。



最後のお買い物 「パピルス」

買わねばならない「パピルス」を仕入れに・・・

ここが曰くつきで・・・

「地球の歩き方」に載っている店がなくなったらしいのです。

近くにいた人(珍しくエジプシャンにしては立派な方)が
教えてくれる・・・というので半信半疑でついていったら

地下にもぐる場所にパピルス問屋があって・・・

破格で立派なパピルスを入手できました。

しかし・・・場所はわからず・・・。


Egypt-799.jpg

すごい大量に買い込んで 47£E(\705)
・しおり10枚 ・切り絵2枚



ついに・・・明日の帰国の整理を致します。

やっと店や美味しい物・エジプシャンとの交流にも
馴染んだ頃なのに・・・ 。・゚・(ノД`)

あぁ~ついに終りなんだな~しんみーりな夜。


so-line-b1[1]


<本日のお会計> 砂漠ツアーより

・入域料  40£E(\600)
 
・お礼のチップ代 20£E(\300)

・マンゴーアイス 3£E(\45)

・夕食  16£E(\240)

・パピルス代  47£E(\705)

・雑費(水・地下鉄他)14£E(\210)


合計 :\ 2.100
総合計:\59.380

so-line-b1[1]

<番外編のPhotograph>

地球で迷子 最後の番外編です。


黒砂漠編

Egypt-805.jpg
KAOとスキャットマンの仲良し2ショット♪

Egypt-812.jpg
PONさん戯れてます。

Egypt-813.jpg
ん?叫んでる?

Egypt-806.jpg
こちらでも・・・叫んでる?

Egypt-807.jpg
移動中の車の中・・・KAO?家畜?

Egypt-810.jpg
同じく移動の車内・・・帽子紛失でおばちゃん大変・・・。

Egypt-808.jpg

Egypt-809.jpg
日暮れ前の2人

Egypt-811.jpg
ブログ内未使用のPONさんショット!

Egypt-814.jpg
キノコ岩で・・・ショッカーの様です。(笑)

Egypt-815.jpg
普通の写真もちゃんとありますよ!
最後に本人でした。(笑)


ついに明日帰国です。

①日程記事 へ戻る

 
15
 
11月10日(水) 【バハレイヤオアシス】砂漠ツアー(前編)

宿泊地:バハレイヤオアシス(砂漠)
位置:カイロからバスで片道5時間半

旅も最終章へ突入です。
個人的にとっても楽しみにしていた

「 砂漠ツアー 」

AM7:00 朝食
AM7:30 出発と聞かされていたのが、

AM7:00 出発する!と急に言われ・・・

「 飯抜きかよぉ~!話しが違~う!金返せ~! 」

朝からまたしても、険悪ムードで出発です。
適当エジプシャンなので、
ツアーなどの話しは念には念を入れましょう。

毎回小競り合い、血の荒い仲間達です♪

so-line-b1[1]

<日程> 

①日程記事

IN エジプト so-a-0008.gif  2010.10.28~11.13 (17日間)
世界一周をしている、スーパー添乗員とのプチバックパッカー旅行

17日間分の記事をUP完了。


※ 1£E=¥15 1$=¥82 で計算していま~す。

so-line-b1[1]


参考までに、ちゃんとした立派なエジプト旅行記録はこちらでーす。

二人のブログ 地球で迷子 http://pon1111.dtiblog.com/
※数ヶ月後にエジプト編がUPされる予定です。


so-line-b1[1]

先にお伝えすると、

本当に最高  です。

エジプトに行ったなら、是非おすすめしたいスポット。
ちょっと人生観変えてもらえそうなぐらい♪
行って本当に良かったな~と思います。

写真で伝えられたらいいな~と思いつつ・・・頑張ります♪


[ ツアーの詳細 ]

ツアーはホテル(宿泊:Regent House Hotel)で頼みました。

金額

自分達で値段交渉なんですけれども
最初結構吹っ掛けられます。

4~500£Eスタートだったかしら?
350まで落ちて・・・一押しするのに

3人でジャスト1000£E!

OK! という事になり

一人 334£E(\5.010) で行けました。


so-line-001.gif

ルート

① AM8:00 カイロ出発(5時間半)
② PM1:30 バハレイアオアシス到着
③ ランチ
④ 黒砂漠(観光時間:5分)
⑤ クリスタル・マウンテン(観光時間:10分)
⑥ 白砂漠(観光時間が無かったので、早朝に変更)

--- サンセットを迎えます ---

⑦ キャンプ地は白砂漠近郊
⑧ 夕飯

--- 就寝 ---

⑨ AM5:30 起床

--- 日の出を拝みます ---

⑩ AM6:00 朝日を見ながら朝食
⑪ 白砂漠[マッシュルーム岩](観光時間:5分)
⑫ AM10:00 バハレイアオアシス出発(5時間)
⑬ PM3:00カイロ到着

砂漠地帯は国立公園の為 
入域料:40£E(\600)取られました。
水は自前です。
ツアーによって異なります。
入域料・水などが含まれる場合もあります。
前もって確認してみた方が良いでしょう。


so-line-001.gif

ざっくりとしたルート説明でした。
観光時間が分刻みのスケジュールですが、十分堪能できます。(笑)

本来このルートは、夏を基準に設定されているらしく
冬は日没が早いため、どうやら白砂漠観光が厳しかったみたい。
早朝に組み込んだ為、起床も少々早めかもしれません。

各ツアーで異なる場合があります。
参考程度にご覧下さい。

あ・・・服装の注意です。

砂漠は寒暖の差がめっちゃ激しいです。

昼は半袖(日差しが強いので紫外線対策に注意)
夜はヒートテック・ダウンが必要なぐらい寒いです。(冬場は特に)

十分防寒対策をして出かけましょう。

では、一気にいっちゃいま~す♪


so-line-b1[1]

Egypt-698.jpg

こちらのバスで5時間半乗り、バハレイヤオアシス(過去希望記事
念願の砂漠へ出発です。

バハレイヤに着くと、大量のツアー担当者が看板を上げています。
何故か日本人だけかき集められたツアー。
唯一ひょっこり女性のツアー客の連れだと思われた
欧米人が一人紛れる、
6人の日本人+1欧米人の7名がツアーのようです。

まずはランチです。

Egypt-699.jpg

ランチ会場の入口 お洒落です。


Egypt-700.jpg

ランチ会場


Egypt-701.jpg

Egypt-702.jpg

Egypt-703.jpg

↑ こちらで会食です。


Egypt-704.jpg

パン&シチューもどきのシンプルな昼食です。


Egypt-705.jpg

さぁ♪ 出発です。


Σ(゚Д゚ノ)ノ  ひぃ~!

何故か気の良いフランス人(笑顔素敵)の方が乗っておりまして・・・

Egypt-706.jpg

Egypt-707.jpg

こんなポーズとスマイルで!

Egypt-708.jpg

こんな何もない・・・砂漠の真ん中に

Egypt-709.jpg

一人テントを張り~水と食料を少々置かれ~

Egypt-710.jpg

置き去りです!  ヽヽ(゚Д゚) すごいよー!

帰り回収されるんですけれどもね(笑)
でもある意味・・・ちょっと怖いけど

最高の贅沢かもしれません。

自然の凄さと自分ひとりの世界で何を思うんだろう。
それは体験してみないとわからない・・・

計り知れないものかもしれないよね。

日常のちょっとした悩みなんて・・・小さすぎて

吹っ飛びそーです! ヽ(´∀`)ノ


そんなマイプランも企画できるようなので、
(参考までに)興味のある方は探してみるといいでしょう♪


Egypt-711.jpg

そうそう・・・遅くなりましたが、
スキャットマン ジョン (Scatman John)似の
彼が砂漠の案内人です。ずっとスキャットマンと呼んでました(笑)

ちょっと時代を感じると思いますが・・・知らない方はスルーで
おや?と興味を持った方

スキャットマン・ジョン
「SCATMAN (Ski -Ba-Bop-Ba-Dop-Bop)」 PV


so-you-tube1.jpg      so-play-1.jpg
※PCの音量にはご注意してください。

彼はもう亡くなられていますが、バブル世代一世を風靡したんです。
同じツアーの22歳~23歳の若者は知らな~いと・・・
ジェネレーションギャップも味わう旅です。
500円札もポケベルも知らない世代でしたか~とほほっ。

またしても、脱線してしまいました。


黒砂漠 (観光時間:5分)

Egypt-712.jpg

Egypt-715.jpg

5分ほど・・・この様に放たれます(笑)


Egypt-713.jpg

Egypt-714.jpg

この車で7人!砂漠横断です。


Egypt-716.jpg

他の方にシャッターを押してもらいました。
珍しく3人で~す。


Egypt-717.jpg

あっという間に黒砂漠終了です。


Egypt-718.jpg

一本道をただひたすら・・・走ります。
そんな景色だけでも、ジーンと来ますね。
トシかしらねぇ・・・。いやいや・・・違います。


クリスタル・マウンテン (観光時間:10分)

Egypt-719.jpg


Egypt-720.jpg

スタコラ向います。


    Egypt-721.jpg

Egypt-722.jpg

Egypt-723.jpg

本当にクリスタルで~す! ゚.+:。(ノ゚∀゚)ノ゚.+:。

Egypt-724.jpg

盗掘団 登場です。


Egypt-725.jpg

影を撮ったりも素敵ですよ!


Egypt-726.jpg

ここでも10分開放です。

   Egypt-728.jpg


Egypt-727.jpg

窃盗中(笑)

黒砂漠・クリスタル・白砂漠の砂を少々頂いて帰りました。


Egypt-729.jpg

Egypt-730.jpg

調子に乗る2人・・・


Egypt-731.jpg

誰も止められません(苦笑)


Egypt-732.jpg

何の打ち合わせもなくポーズ出来るのは
やはり「アホタレ姉妹」だからでしょう。

さすがに、この姿に2人うけました。

そんなパーフェクトを見せられたら・・・

Egypt-733.jpg

黙ってはいられないようです。


せっかく砂漠での写真です、
いつもと違うパターンで撮ったり、ポーズしたり
景色+太陽の加減や影を使って

たくさん・たくさん写真を撮ってみて欲しいです。

参考にはなりませんが(笑)
色々なパターンで撮りました。
是非、オリジナルの思い出に残る写真を撮ってください。

まだまだ、パターンは続きますよっ(苦笑)

Egypt-734.jpg

Egypt-735.jpg


Egypt-736.jpg

段々日も落ちてきました。


Egypt-737.jpg

夕暮れの砂漠がこれまた綺麗なんです~!

この景色の中にいる瞬間(砂漠ツアー全般)

To Zanarkand- Final Fantasy X

ゲーム好きの方なら知ってるかもしれません。
Fantasy X インストルメンタル

ゲーム音楽はちょっと~っと思う方もいるかもですが
なかなか良いです。
そんな方は、オーケストラで聞いてみると違う印象かな?
頭の中でグルグルしてました。

自分でも何故この音楽なんだろうか~?と思いつつ
私の中ではこの景色と音楽が非常シンクロです。

so-you-tube1.jpg      so-play-1.jpg
↑ゲームバージョン

so-you-tube1.jpg      so-play-1.jpg
↑オーケストラバージョン
※PCの音量にはご注意ください。

また・・・くだらないところで、すみません。
でも、旅と音楽は密接なところがあります。
是非、お気に入りの音楽を持って出かけてみてください♪


Egypt-739.jpg

こんなポーズまで(笑)度々すみません。


Egypt-740.jpg

Egypt-741.jpg

白砂漠のはずなんですが・・・無理そうです。

すでに、サンセットの時間です。

砂漠のサンセットは格別!
これでもかーっ!というぐらいお届けです。(苦笑)
有名観光地は皆が載せてますが・・・
夕日コレクションっていうのも、いいと思いまして

でも、本当にちょっとちょっとで表情が違います。
なので、たくさん写真も撮ってみたほうがいいですよぉ~♪

Egypt-742.jpg

Egypt-743.jpg

Egypt-744.jpg

Egypt-745.jpg

    Egypt-746.jpg

    Egypt-747.jpg

Egypt-748.jpg


Egypt-749.jpg

Egypt-750.jpg

Egypt-751.jpg

Egypt-751.jpg

Egypt-753.jpg

Egypt-754.jpg

感無量で~す♪

本当に素晴らしい世界が広がります。
この世の果てを見たくなる・・・そんな気分にさせられます。


白砂漠は早朝に切り替え、
キャンプの支度に入ります。

Egypt-755.jpg

スキャットマンが準備してくれます。

    Egypt-756.jpg

エジプシャンは働かないイメージなんですが
スキャットマンはベドウィン

砂漠の民は、物凄く働き者らしいです。(2人からの話し)

彼は一日中運転をして、キャンプの準備
更に、隣のツアー客(20人ぐらいの欧米ツアー)の担当者が無能で
スキャットマンが応援に行ってました。

なので、置き去りになった我が7名は放置されつつ・・・

Egypt-757.jpg

暗いんですが、隣の欧米ツアー団体

Egypt-758.jpg

放置されても、素敵な景色に見とれて全然平気です(笑)

    Egypt-759.jpg

Egypt-760.jpg

夜の闇が来る前のオレンジ色がなんとも言えません。

Egypt-762.jpg

    Egypt-761.jpg

太陽がいなくなり、月がやってきます。


Egypt-763.jpg

これが一応我家の姿です。(笑)


    Egypt-764.jpg

焚き火がこれほど凄いと思った事もありませんでしたね。
暖をとり、明かりをとり・・・食事を作る
火を使う事が出来た人間は、凄い進化を遂げる・・・意味も納得です。

食事の写真が無いのは、放置されすぎて腹ペコ・・・
用意されて脇目もふらず食べちゃったからです(笑)
でも、一番大変だったのはスキャットマンだったでしょう。
いつもの2倍働いていますもん。
でも愚痴一つ、嫌な顔一つせず、客を精一杯もてなしてくれます。
メニューはスープ・トマト風野菜のボルシチ・チキンの炭火焼き・ごはん
彼の味付けでとっても美味しかった。

Egypt-765.jpg
食後のまったり♪
ティーを頂きながら・・・

この頃は、猛烈に寒いです。
焚き火がなければいられません。

食べた後は寒すぎて、何も出来ず寝るだけです。

Egypt-766.jpg

ドン!

こんな感じで、下にマット・寝袋・上に汚れきった毛布を掛けて寝ます。
汚れた毛布の汚れ具合は=引越し屋さんの家具の梱包用より激しいです。
でも、これがないと寒すぎです(笑)

ちなみに、私くし上6枚・下Gパン2枚着ています。それでギリです。
ダウンを持ってきている人もいました。

でも、本当に素晴らしい夜空です。

世界にはもっと綺麗な空もあると思いますが、
今まで見た中では最高でした。

マチュピチュの標高4000mでも夜空は見ましたが・・・
ホテルだと明るいんですね。
砂漠の中の真っ暗な状態は、天然のプラネタリュウムです。

初めてあんな綺麗な天の川を見ました。

ビューティフォーです。

寒さが気にならないほど、綺麗&感動です。

食事中や夜中、キツネに似たフェネックに会える
場合もあるそうですが、残念ながら会えませんでした。

Egypt-767.jpg

一度入ると二度と出れません。(寒すぎて)

あっという間に熟睡ですが、数分間・・・


Egypt-768.jpg

砂漠ツアーを一気にと思いましたが・・・ついつい長編で無理でした。
でも・・・是非紹介したかったんですよね~素敵な砂漠ツアー。
後半:朝日~次回にします。

お暇でしたら、是非景色だけでも見に来て下さい♪


so-line-b1[1]

<番外編のPhotograph>

地球で迷子 
今回の番外編は、次回後半でドーンと行きましょう(笑)

①日程記事 へ戻る


 
12
 
11月9日(火) 【カイロ】 OFF&買い物

宿泊地:カイロ:Regent House Hotel
ホテル・写真情報:
http://www.hosteltraveler.com/Egypt-hostels/Regent-House-Hotel_Cairo-ja.htm

再びカイロに戻り、疲れた身体の休息日です。
遺跡・神殿巡りも遂に終りました。
そろそろ帰国の準備のお買い物です。

旅人は荷物が持てないため、色々な国を旅しても
買い物ができないそうです。
送ることもできるけれど・・・大変なんだそうです。

。゚(゚`Д´゚)゚。 かわいそーです。

でも、色々な国を見て世界を知った事、
そしてそこで知り合った方々(旅人同士)が

「 人生の宝 」

最高のお土産になるんだそうです。

素敵だね 

so-line-b1[1]

<日程> 

①日程記事

IN エジプト so-a-0008.gif  2010.10.28~11.13 (17日間)
世界一周をしている、スーパー添乗員とのプチバックパッカー旅行

17日間分の記事をUP完了。


※ 1£E=¥15 1$=¥82 で計算していま~す。

so-line-b1[1]


参考までに、ちゃんとした立派なエジプト旅行記録はこちらでーす。

二人のブログ 地球で迷子 http://pon1111.dtiblog.com/
※数ヶ月後にエジプト編がUPされる予定です。


so-line-b1[1]


Egypt-672.jpg

さて、AM8:00カイロに着いたばかりです。


    Egypt-673.jpg

今度はシャワーの水が流れてくれるかな?

洗面とトイレの真ん中にシャワーがあります。
バスタブもシャワーパンもありません。

どうやってシャワーを浴びるのか?

ビーサンを履いて浴びるですね~!。
旅人は日常なので気にもしないそうです。

日本ではありえません。(笑)


Egypt-674.jpg

ホテルからの景色、看板も見えます。

Egypt-675.jpg

カイロの中心地付近なんですよ。
さすがにお腹が減ったので買出しに出かけます。


    Egypt-676.jpg

ホテルの入り口のドアが結構お気に入り。


    Egypt-677.jpg

全体の入り口風景、雑居ビルで途中階は会社が入ってます。


Egypt-678.jpg
<昼の様子>

Egypt-693.jpg
<夜の様子>

ギザの観光(過去記事)帰りも食べたアイス屋さん EL ABD

地球の歩き方(店情報)にも載っている有名店です。
ホテルからすぐ近所だったので、
皆が大絶賛するアイスを毎回食べてました。

でも、パンも美味しいんです。

Egypt-679.jpg

チョコクロワッサンがお気に入り。
1個2.5£E (¥37.5)

定番のコシャリでランチです。



    Egypt-680.jpg

夕方、2人に付き合ってもらい
再度、ハンハリーリへお土産を買いに出かけます。

    Egypt-681.jpg

貧乏旅行で特別すごいものが買える訳ではありませんが
一生懸命選びます。

    Egypt-682.jpg


Egypt-683.jpg

自分のお土産も、もちろん選びます。(笑)
高価な物は買いません。


購入したのは・・・

Egypt-685.jpg

カノープスの壷 ミニタイプ 8$(\656)

カノープスの壷って知らなかったんです。
エジプト考古学博物館(ツタンカーメンの壷)を見て・・・

4つ1セットで・・・意味があり、価値があるんだ~! 知りました。

初日に買っていたら、アヌビス壷1個だけだったかもしれません。
あぶない・・・あぶなーい。


Egypt-687.jpg

スカーフ 6$(\492)
ひろげなさーい!
言われそうですが・・・。(シルクもどき?)サイズは手ぬぐい程度
それでも日本で買うより安い&毎回旅行へ行くと現地巻物を買います。


Egypt-686.jpg

アルバム 12$(\984) 色々なタイプがあります。
前回ペルー・マチュピチュでも購入して良かったので!


Egypt-688.jpg

チャック式小物入れ 6個 5$(\410)
ベタですが、ご近所様へのお土産です。
1個1$が定番のところ・・・
5個買うんだから~1個おまけね♪で購入。

香水瓶とかも迷いましたが、
好みもあるし、壊れると悲惨だし・・・
なんとなーく程度のお土産だと適当にあしらってもらえるので

「身のまわりのまとまらない物を入れといて~」的な
あ・・・でも、これお土産だったわ~が理想(笑)


Egypt-689.jpg

父上・母上様のお土産です。

母上からは「 小銭入 」を強く希望されていたので・・・。
アホタレ姉妹、必死で探しました。

父上は・・・
毎回「 いらない 」を言われるので
毎回「 マグカップ 」になります。

Egypt-690.jpgEgypt-691.jpg

エジプトっぽい柄で落ち着きました。
コップ・小銭入共に 3$(\246)


Egypt-684.jpg

一生懸命!物頑張りました。

お土産代 37$(\3.034)

えっ?  ヽヽ(゚Д゚) と言われそうな金額です。

でも十分満足なお買物でした♪
付き合ってくれた2人にも感謝です。

ランダムに買い物もしてるので、
最後エジプトのまとめ(え?)
まとめでいいじゃーん・・・は言っちゃダメ(笑)

さて、晩御飯で~す。

旅人口コミで教えてもらったお店
本日で3度目です。(笑)

Egypt-692.jpg

AKHER SAA

Egypt-111.jpg
一押しメニュー チキンシシライス 23£E(\345) [11月1日撮影]

この味がたまらなく美味しいので、
腹ペコになると食べたくなります。

エジプトは食に関して薄いので・・・
口コミの店に頼るのが一番かもしれません。

一度目、ギザ観光後、旅人達皆で晩御飯(記事
二度目、考古学博物館帰り晩御飯(記事
三度目にして新事実をしりました。

実は前回(二度目)の写真なんですが・・・
エジプトはなんでも持って来てお金を取られるので
NO!と答える癖がついているんですが・・・
セットメニューにパン・サラダ・ジュースがついているらしい。

NOと言っていたけど・・・
ジュースは何がいい?の質問も・・・
NO!と言って断っていたっぽい(笑)

セット内容がしっかりきているか確認しましょう♪

明日は砂漠ツアー!
朝も早いので準備をして、荷物も預けます。



<本日のお会計>

・ホテル代(2日分)  100£E(\1.500)
 
・昼食         6.5£E(\98)

・夕食         23£E(\345)

・お土産代       37$(\3.034)

・雑費(水他)     30£E(\450)

<前払い>

・砂漠ツアー代 334£E(\5.010)

合計 :\10.437
総合計:\57.280


so-line-b1[1]

<番外編のPhotograph>

地球で迷子 本日の番外編買い物に奮闘です。

Egypt-695.jpg

Egypt-694.jpg

商品の上で寝ちゃッてる にゃ~ん!

かわゆいです。


    Egypt-696.jpg

    Egypt-697.jpg

闘う姉妹!です。
買い物している時のパワーって凄いですね~。

PONさん・・・出番ナシ(笑)
本日非番です。

明日から砂漠で~す。

①日程記事 へ戻る


Photo

PROFILE

マロン

Author:マロン
イタグレ ♀ 2歳

神奈川県在住
GO・MEGと3人家族
ドタバタ暮らし

主婦夢トークはスピンアウト
毎日 HAPPY MEG 曜日
興味がありましたら、
是非お立寄り下さ~い。

BIRTHDAY COUNTER

RSSリンクの表示

CALENDR

CATEGORY

COMMENTS

データ取得中...

LINK

ブロとも申請フォーム

QR

QR

WELCOME

Copyright © マロン / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。